読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社ビースタイル

『株式会社ビースタイル』

 

って会社知ってますか?

 

主に人材派遣をしている会社なんですが。

 

先日ネットニュースを見ていたらこの会社のニュースがあったんですが、なかなか面白そうだったので調べてみることにしました。

 

 

設立は2002年7月

資本金は8600万

社員数はパート含め約240名

 

いわゆるベンチャーだと思います。

 

 

ネットニュースで話題になっていたのはこの会社の採用方法。

・面接廃止

リクルートスーツ廃止

・お祈りメール廃止

という就活生にとって一番の難題となる面接を廃止したことです。

 

ではどうやって採用しているのか。

 

その答えはインターンです。

 

この会社に入りたければまずインターン契約をし、数ヶ月一緒に働いてからその上でこの会社に入りたいと思えば代表に最終プレゼンを行い、認められれば合格という形だそうです。ちなみに辞めたければいつでも辞めていいそうだ。

 

代表の増村さんいわく

「一般的な面接だと身構えてしまい、面接に来た時点でその人は周到な準備をしてきてしまう。それではその人の真の人間性、本質が分からない。この会社で働くからにはその人にはハッピーな人生を送ってもらう義務が我々にはある。そのためには私たちがその人の人間性がこの会社に合うか本当の意味で理解しなければならない。なので面接という一時的なものではなくインターンという形をとって長期にその人の人間性を判断していく必要がある。」

 

と述べている。

 

この形式の最大のメリットは就活生が本当の意味でその会社の理解を深めることができる点だと思う。僕も実際に働いてみて理想との差異を感じて会社を辞めたタチなのでこれは確かにいいのかもしれない。就活生のほとんどは実際に社会で働いたことがない人がほとんどなので。実際の仕事を経験してもらうというのはいい機会なのかもしれない。

 

 

まあでもよくよく考えてみると色々訝しいところは数々ある。

 

一つは、1か月程度働いたところでその会社の本質など見えてくるだろうかという疑問だ。僕なんて1年働いても会社の本質など見えてこなかった。それは僕が単に頭が悪いだけかもしれないが。わかるのはせいぜい業務内容くらいじゃないだろうか。当たり前だがインターン生ごときに本気で仕事を教える人間がいるとは僕には思えない。というか僕ならしない。もちろん扱い方も表面上は優しく接するだろうし、残業も頼まない。いたって邪魔なだけだろうし。

こういう感じで接された就活生は

「この会社は人もいい人ばかりだし仕事も優しく教えてくれる。休みもいっぱいあるしこの会社で働いてみるのもいいかもしれない!」

と、アホな就活生だったらそう思うんじゃないか。

この会社を紹介している動画で代表に最終プレゼンを行っている女の子がいたが勝手な印象だけどあまり考えているようには見えなかった。

https://www.youtube.com/watch?v=fDwh4qk56Fw&feature=youtu.be

(紹介動画↑)

そりゃ内定辞退率ゼロは当然の流れだろう。

働いていれば優しく接しているだけじゃダメな場合なんていくらもあるしどうでもいい人間に人は本気にならない。

 

 

もう一つはただの低賃金労働者を作り出すための策なんじゃないか、ということだ。

仕事をしていれば誰にでもできる仕事なんていくらでもある。そういう仕事を低賃金のインターン生に任せればわがままも言わない、社会福祉も必要ない最強の労働者が出来上がる。しかも使えないと思ったら最終プレゼンで落とすこともできるし労基になんか言われることもない。超つかいやすい派遣社員じゃん。

 

そんなこんなで訝しいところは色々あるが実際にインターンに行ったわけではないので本当のところはわからないが。

 

 

 

 

 

最近いろいろな会社を見てはいるが自分が働こうとする会社を判断するって本当難しい。

どの職場でも最初にぶつかるのは人間関係だし、人間関係なんて有価証券報告書にも載っていない。

しかも転勤のある企業だといちいち人間関係はリセットされる。

それはまた結構なストレスになる。

まあ実際に働く年齢にもなって初めての人と良質な人間関係を築けない時点で社会人としては終わってるのかもしれないが。

でもどうしても相容れない人間っているじゃないですか。

僕はそういう人を許せないから社会不適合者になっちゃったんだろうな。

 

結局大事なのって忍耐力なのかな。

 

そんないちいち判断するのが面倒だったらもう自分で事業立ち上げちゃった方が簡単なんじゃないかなって思う。

 

 

 

 

 

 

まあでもこの会社に僕は興味を抱いているのは確かなので実際にインターンに行ってみるのもいいのかもしれない。

 

 

 

ビースタイル会社HP↓

http://www.bstylegroup.co.jp