読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元中古車営業マンが教える得する車の売買方法

私は以前、某大手中古車企業で働いていました。
 
その経験を活かし、車の売買について得する情報を教えたいと思います。
 
そもそも、、、
 
「どうやって車に値段が付けられているのか?」
 
って知っていますか?
これを事前に知っているか知らないかで車の売却の際に得をするか損をするか決まってきます。
 
それにはまず一般的な中古車がどのように流通しているかを知る必要があります。
 
車を売買した経験のある方は知っているかと思いますが、車を売却するには一般的に3つの方法があります。
<車の売却方法>
①ディーラーに売る
②中古車屋に売る
③個人売買
 
一般的にはこの3つの方法が主流なんですが、売却した車がその後どこに行くか知っていますか?
普通に考えれば次の所有者の元に行くと考えるのが普通なんですがほとんどの場合はそうではありません。
大体の場合車の「オークション会場」という場所に出品されます。
 
そのオークション会場に業者が買い取った車を出品し、他の業者が落札し、そして次の所有者が決まれば新たな所有者の元に届けられるというシステムです。
 
まとめると↓のような感じになります。

f:id:salvare000210:20160626152550p:plain

こんな感じで車は流通しているのです。
ここで勘のいい人はわかるかもしれませんが「買取業者」と「販売業者」の間にいるのが「オークション会場」というところなのですが
この「オークション会場」が車の価格の基準になっているんです。
 
このオークション会場というのは株式市場みたいなもので常に値段が変動し続けます。
なので車に値段をつけるのは結構難しいのです。
 
ぶっちゃけて言うと、様々な企業や人がどうやって値段をつけているかというと、、、
 
「勘」
 
です。相場観とでもいいましょうか。
あなたが車に値段をつけてもらっている時、車の査定士はこのオークション会場の相場を必ず見ているはずです。
もちろん相場よりも上で買おうとは思わないので少しでも安い値段をあなたに伝えるでしょう。
リスクマネジメントですね。
車というのはこの世に全く同じものは2つとして存在しないので詳しく言うともっと複雑な事情が絡んでくるのですが。
今回は得する車の売買ということなのでどうやったら車を高く売れるのか、の方法だけお教えしておきます。
 
まず、上にあげた3つの方法のうちどの方法が一番いいかというと、
「値段が飛び抜けて高いのなら個人売買が一番」
それ以外なら
「ディーラーだろうが買取業者だろうがどちらでも構わない」
です。
よくネットやラジオなどで
「自分の車がこんなに高く売れるなんて!」
「10年10万㎞の車が50万円!?」
「車を売るのなら専門業者へ一括見積もりしましょう」
とか胡散臭い広告がありますが、今の時代オークションの価格なんてディーラーでもみれて、自社以外の車でもネットを使えば売れるのでどこのディーラーでも意外に高値がついたりします。
僕も営業マン時代自分の会社の限界価格よりもディーラーさんの方が高かった時なんていくらでもあります。
昔はディーラーは車の買取には本腰を入れてなかったらしく、大した値段はつけなかったらしいのですが買取業者が台頭して来たので車の買取にも最近は力も入れ始めたらしいです。
少なくとも今の時代は
「車の売却ならディーラーではなく買取専門業者」
という固定観念は捨てましょう。
もちろん例外はありますが、たいていのよく名の知れた国産車種ならこの考えで大丈夫なはずです。
 
ここまで知ってもらったら次にはネットの「一括見積もり」についてです。
結論から言うと、車を高く売るためにはこの一括見積もりをうまく使うのが一番です。
ですが、一括見積もりは確かに便利なものですが注意点がひとつあります。それは・・・
 
「とにかく電話がしつこい」
 
ということです。
仮にあなたがネット広告の「あなたの愛車の値段いくらか知りたくないですか?」という怪しげな広告に興味を抱いて本気で売る気もないのに個人情報とともに登録してしまったらおそらく何日かは勧誘の電話が鳴り止まないでしょう。
営業マン時代にこの点でうんざりしたお客さんはいっぱい見ました。
「ただ車の値段が知りたかっただけなのに。」
「今は売る気はないのに。」
という考えなのなら一括見積もりサイトへの登録はやめときましょう。
本当にただ単に車の値段が知りたいだけなら近くの買取業者を調べてその店舗に直接電話をして「出張査定」を頼んだ方が建設的です。
何人かのお客さんは仕事でも使う電話番号を登録したために何日か仕事ができなくなった。とおっしゃっている方もいました。
 
本気で近々車の売買を検討している方だけ一括見積もりサイトを利用しましょう。
利用の際も見積もり依頼企業は3、4社程度で十分です。
どうせどこの会社もオークション相場を見ているのですから。
 
本気で売る気があるのなら次にするのはディーラーを2、3社回って車の査定額を事前に聞いておくことです。
その際に自分の車のメーカーのディーラーには必ず行っておきましょう。
その際には嘘でもいいのでディーラーには
①車の乗り換えを考えていること
②下取りの車の値段次第で乗り換えを検討していること
③買取業社も見て回ること
④下取り条件ではなく買取条件だったらいくらなのか
の4つを確認しておきましょう。
ちなみに下取りとはクルマの乗り換えをその会社一つで行う場合の買取のことです。
面倒だったら別に見て回るのは一社でも構わないです。
 
ディーラーの値段を確認したら次は一括見積もりサイトを利用しましょう。
登録したら必ずアポイントを取り付けてくるはずなので
「全社を同じ時間帯に呼ぶ」
ことをしましょう。
これが実に営業マン泣かせで、これをされるとたいていの場合は嘘がつけなくなります。
業界ではこれを「バッティング」と呼ぶのですが、嫌がる人が非常に多かったです。
少なくともかなり安い金額では買えなくなるので。
実際に各社の営業マン達が集まったら営業マン達に以下のことを伝えましょう。
「ディーラーの査定額を超えるのならこの場で契約出きる」
この時に間違っても
「ディーラーの査定額」
は伝えないでください。その金額を基準にされてしまいます。
 
あくまでも一番高い金額を提示してくれたところとだけ交渉に応じるスタンスです。
 
おそらく営業マン達はあなたの腹の中を探ってこようとしますが本心は伝えないように。
すると営業マン達は観念して自分の会社の値段の金額を言ってきます(たいていの場合は)。
 
その値段とディーラーの査定額を秤にかけて、あとは気に入ったところに売るだけでいいです。
 
こうすれば時間の節約にもなるし、たいていの場合は損をすることはありません。
営業マンの立場からすれば多少の腹を切ってでも契約できることのほうが重要なので。
 
これがオーソドックスな得する車の売買です。
 
まとめると、あなたが車を売ろうと思った時にすることは
①ディーラーに行って査定額を確認する
②一括見積もりサイトに登録する
③アポイントを全社同じ時間に設定する
④査定額を秤にかける
だけです。
 
簡単でしょ?
 
車の知識は一切必要ありません。
このやり方なら時間も最小限で抑えられるし、勝手に営業マン達が頑張ってくれるので売却側がすることはほぼなくて済みます。
一番スマートな方法です。
 
他にも小賢しいテクニックはありますが少なくともこの方法なら損をすることはないはずです。
 
車の売買には売る時期や車の状態など様々な条件が絡んできますがそれについてはまた別の記事で紹介します。
 
それでは。