バイト先の後輩に勧められてアニメ「とらドラ」を見てみた。

先日アルバイト先の後輩に勧められて『とらドラ』っていうアニメを見たんですけど・・・

 

めちゃくちゃ面白かったね!1

 

泣いたね!

 

久々に涙活したね!!

 

f:id:salvare000210:20161024021607j:plain

 

もう8年前くらいのアニメなんだけど全然新しく感じました。

 

どんなアニメかっていうと一言で言えば学園ラブコメなんですが、なんか最終的に駆け落ちしたりと強烈な展開でした。

 

主人公は高須竜児という男子高校生で見た目が父親譲りのヤンキー顔で何もしてないのに周りからはヤンキーだと恐れられていて友達が少ない学園生活を送っている。だが本当は優しい性格で趣味は家事全般で掃除をし始めると止まらないできる主婦みたいな性格をしている。

ヒロインは逢坂大河という女子高校生で身長が小さくかわいらしい見た目だけど中身は何にでも噛み付いたり怒ったりと手がつけられないので学校ではその性格から『手乗りタイガー』というあだ名をつけられこれまた主人公の高須と同じく学校では恐れられている。

 

大河が間違えてラブレターを高須のバッグに入れたことから二人の距離が縮み、互いに自らの秘密を相手に知られてしまうことに。

その秘密とは

『実は好きな人がお互いの親友だった』

ことが発覚。

そして互いが互いのキューピッドになるように約束し、奇妙な共闘関係になることに。

 

物語はこの共闘関係を基に主に進んで行くことになる。

コメディ要素が強いから楽に見れるんだけど思春期の少年たちの気持ちや思いを見事に描いていて、なんか自分にもこんな時期があったなーと懐古してしまいましたね。

誰も自分のことを見てくれない、理解してくれない。

とか

大人にかってに自分の将来を決められて好きなことができない。

とか

自分は孤独だ。

とか。

 

大人になればそんなことは当たり前だって受け入れられるようになるんですけどね。笑

 

主人公の二人は複雑な家庭環境に置かれてるんですがそれに負けじと二人で支え合い、周りの大人たちや社会に反抗していく感じがすごい好きです。

なんか暗中模索って感じ。

必死に生きてるって感じ。

 

自分でもわからないけどこれくらいの頃ってなんでか知らないけど大人ってみんな敵みたいな感じだったな俺も。

無駄に先生に歯向かってみたり、親に噛み付いてみたり。

 

ああ懐かしいな、あの頃の俺。

まだまだキラキラしてたのかな。

 

あの頃の俺が今の俺を見たらなんていうんだろうな。

「嘘だ!そのくらいの歳になったらもう金持ちになっていて、可愛い彼女を作っているはずだ!それが、、、無職彼女なしなんて。。。俺の人生ハードモードかよ。」

っていうはずだ。

ごめんな10年前の俺。

これから本気出すよ。笑

 

 

 

それはともかく、まだ見てる途中だけどすごいオススメですので誰かみてくださーい。

 

そして誰かと語り合いたーい。

 

友達の少ない俺にはできない。

 

はい。知ってます。