LINEってそもそもどこの誰が作ったの?

先日、電車に乗っていたら隣のビジネスマン風の人たちが

 

「そういえばさ、LINEって日本の会社なの?韓国の会社なの?」

 

と言う話題で盛り上がっていました。

 

確かに僕も昔から気になっていたのですが人によって日本製だ、韓国製だと意見が分かれていて結局本当のところがわかりませんでした。

 

f:id:salvare000210:20161027031351p:plain

 

調べてみると今でこそLINE株式会社と言う名前にはなっていますがLINE株式会社の沿革としては

 

2000年 韓国最大のインターネットサービス会社であるNAVERの100%子会社で

    ハンゲームジャパン株式会社として設立

 

2003年 NHN Japan 株式会社に商号変更

 

2011年6月 メッセージアプリLINEをリリース

 

2012年 NHN Japan株式会社、ネイバージャパン株式会社、株式会社ライブドア

    経営統合

 

2013年 社名をLINE株式会社に変更

 

 

これが簡略化したLINEの沿革だ。

これだけをみると親元が韓国の会社のNAVERなんだから結論としてはLINEは韓国発祥。と結論付けてもいいような気がする。

 

だが調べているとこんな意見があった。

 

『確かに親会社は韓国だがLINEというアプリを作ったのは日本人だ。』

 

という意見。

 

まあ巷で騒がれている嫌韓とか愛国心とかいう風潮は私には全くないので正直どうでもいいのだが確かにナショナリズムを持っている人たちには重要な問題なのだろう。

 

これがまたどれを信じていいのかわからなくてこの議論でよく議論されているのはこの2つの議題だ。

 

1、LINEは親会社も韓国で企画したのも韓国人(シン・ジュンホという人)。

ちなみにこの人↓

f:id:salvare000210:20161027021828j:plain

(↑現LINE+代表シン・ジュンホ)

 

2、親会社は韓国だがLINEアプリを作ったのは日本人。

 

まあこの時点で2つともに親会社は韓国と認めているんだからもう韓国製でよくないか、と思ったりもするが。

 

でもまあせっかくだからもっと深く調べてみた。

 

 

 

まず1の説明から。

NAVER現会長イ・ヘジン氏は元々サムスン子会社のベンチャーから独立しNAVERを設立。NAVERは日本に進出した当初、既存の技術で日本で成功するのが難しいと考えていたそうなのだがシン・ジュンホ氏がそれならとイ・ヘジン氏に提案したのがLINEメッセンジャーサービスらしい。

よく日本で語られる「LINEは日本発のサービス」というのはこれ以降の話らしい。

と、NAVER元幹部は語っている。

そして時は過ぎ2011年東日本大震災が発生し、これを機にイ・ヘジン氏は「既存の通信手段以外の人と人とを有機的に結びつけるメッセージツールが必要だ。」と感じたとのこと。

そしてシン・ジュンホ氏が責任者となりプロジェクトは進みわずか1か月という短期間でLINEはリリースされた。

 

これが1の意見の詳しい事情。

なぜLINEを日本発のサービスとして生み出しているのかというとそれはグローバル戦略上そうせざるをえなかったらしい。

当時"竹島問題"などで日本では嫌韓の火がつき始めた頃らしく日本で普及させるにはそうした方が都合が良かったとのこと。世界に進出するにしても韓国よりかは日本の国家ブランドが高いから。

 

参考にしたのはこの記事です。↓

honvieew.com

 

次に2の説明。

NAVER JapanでLINEのプロジェクトチームが発足したのは2010年年末。当初のNAVER Japanは検索サービスが中心だったが「もっと主力になるサービスを開発しよう」とのことで社内の3人で発足した。

最初は写真共有アプリとしてプロジェクトは進んでいたが2011年3月に東日本大震災が発生し「今必要なのはメッセージサービスだ」と判断し、急遽メッセージサービスに移行したとのこと。4月末から本格始動し、6月にはリリースした。当初は文章のみしか送れない簡易なサービスだったが、なんでもリリースする方が先決だと思い先にリリースしたらしい。

 

これが2の詳しい事情。

参考にしたのはこのページ↓

toyokeizai.net

 

この二つの文面を見る限り食い違っているところがかなりある。

なのでどちらかが嘘をついていることになるがどちらにしても一致しているのは「日本発のサービスである」ということ。

1ではグローバル戦略上だが日本発のサービスと認めているし2ではそもそもそれが前提で話が進んでいる。

 

なのでこの議題に対する僕の結論は

 

「LINEアプリにおいて資本を提供したのは韓国のNAVER。開発したのは日本人。」

 

ということで結論づけよう。

これからは誰かにこの質問をされた時はそう答えます。

 

 

全く、ビジネスにおいてナショナリズムが関わるとろくなことにならんね。

もう世界はグローバルで進むことになっているんだからそういうのどうでもいいじゃん。

 

こんなことをのたまっていたら色々な人に怒られるんだろうな。

 

もういっそ国家的に発表してくれればいいのに。

 

でもまあ、まだまだ世界的にメッセージアプリとしては「What's up」

f:id:salvare000210:20161027031718j:plain

が優勢なわけで、そんな諍いをしている暇があったらもっと世界に普及できるように頑張りなさいよ。